ホーム > 赤十字マークの意味

赤十字マークの意味

「赤十字マーク」は、世界中で様々な苦痛に苦しむ人々を救う活動を行なっている赤十字のシンボルマークです。しかし、残念ながら、「赤十字マーク」本来の薄味が忘れられていて、赤十字活動に関係なく使用されているケースが見られます。赤十字活動に関係のない、次のような「赤十字マーク」の使用は避けてください。

  1. 赤十字病院以外の病院で赤十字マークを使用すること。
  2. 薬局等で赤十字マークを使用すること。
  3. 市販の衣類や救急箱、医薬品等に赤十字マークを使用すること。
  4. その他、単に「医療」をイメージして赤十字マークを使用すること。

原則として、「赤十字マーク」は赤十字活動以外使用することはできません。

「赤十字マーク」の使用が例外的に認められるケース

「赤十字マーク」は、けがをした人や体の具合の悪くなった人に、無料で手当てをするための救急救護所の場所を示すとき、ごく例外的に日本赤十字社がその使用を許可します。詳しくは、日本赤十字社本社または最寄りの各都道府県支部にお問い合わせください。

なぜ「赤十字マーク」を自由に使用できないのでしょうか?

赤十字病院が、「赤十字マーク」を使用し、その看護婦等が「赤十字マーク」を着用していることから、「赤十字マーク」は「病院」や「医療」等を表すマークだと誤解されているケースが少なくないようです。もし、このまま、「赤十字マーク」を誤って使用され続けると、次のような不都合が生じることが考えられます。

  • 「赤十字マーク」が、「病院」や「医療」等を表すマークとして使い続けられる。
  • 「赤十字マーク」は単なる「医療」、「病院」等を表すマークとしてのイメージが出来上がる。
  • 戦争や紛争など「保護」のマークとして使用する事態に直面しても、「赤十字マーク」の意味が理解されず、傷病者等を適切に保護することができなくなる。

なお、「赤十字マーク」は、次の国際的な条約と日本国内の法律によって、その使用が制限されています。

  1. 『ジュネーブ条約』
  2. 『赤十字の標章及び名称等の使用の制限に関する法律』(昭利22年12月10日法律第159号)
  3. 『商機法』赤十字の標言及び名称等の使用の制限に関する法令(昭和22年法律第159号)

「赤十字マーク」を正しく使用することは、国際的な責任を伴うことなのです。

「類似した」赤十字マークについて

「類似した」赤十字マークを使用することは、「本物」の赤十字マークとの問に混乱が生じるため、「赤十字マーク」と同じくその使用が制限されています。「類似した」赤十字マークには、次の例が該当します。

  • 赤色系統の色を使用した十字マーク
  • 背景が白でなくても、赤色系統の色を使用した十字は類似となります。また、十字が傾いていたり、長さやバランスを変えて図案化されていても類似となります。

「命」を守る「赤十字マーク」

「赤十字マーク」は、「白地に赤い十字」としているだけで、大きさや形、色の濃淡などの株式は厳格に定められていませんが、なぜでしょうか?その理由は、ふたつあります。

  • 赤十字の様式を細かく厳格に定めると、表示された赤十字マークの寸法や色の濃淡などが、わずかに異なることを理由に、その赤十字マークを表示している施設などを攻撃してしまうことが考えられること。
    戦争や紛争の中で、自らの命を守るために赤十字マークを表示する人にとって、正確な赤十字マークなど描けるはずもありません。
  • 決められた様式よりほんの少し異なる赤十字マークが出てきて、本物との間に混乱を招く恐れがあるため。
    「赤十字マーク」は、人聞の生命を守る(保譲する)ための大切なマークです。